【お役立ち情報メニュー】脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられる

"正直な話私達人間の身体には無駄毛というものは無く、見た目の美しさを妨げてしまっている無駄毛のみとなります。
つまり身体には必要な毛ということになりますので、とにかく正しい無駄毛の処理をする必要があるのです。脱毛クリームというのはお肌にトラブルが起こってしまう原因となり、その結果かぶれや腫れ、湿疹などといった症状が出てしまうこともあります。
またアレルギー症状が現れることもありますので、脱毛クリームの利用は敏感肌の人は避けるべきです。

 

脱毛ではなく、毛を見えにくくする脱色剤は比較的安全に使用をすることが出来ると言われています。
しかし脱毛クリームよりもかぶれや湿疹やアレルギーなどが発生してしまう可能性が高くなっているのでご注意ください。脱毛クリームの最大のデメリットというのは、やはり肌を傷めてしまう可能性が高いということです。
安物の脱毛クリームを使用してしまうと、お肌に大きなダメージを与えてしまうこともあるので十分にご注意ください。"



【お役立ち情報メニュー】脱毛クリームは肌を傷めてしまう危険も考えられるブログ:17年11月20日

減量のために、体操をしていると、
汗をかいたり、爽快な疲労感を感じますよね。

「いかにもカロリーをたくさん消費をしたなぁ〜」
という風に感じませんか?

しかし実のところ、
体操することによって消費されるカロリーの量は
限られたものに過ぎないんですよね。

連日の体操によって消費されるカロリーの量は、
1日に消費するカロリーの量の2〜3割程度しかないといわれています。

一生懸命やっているのに、それくらいしかカロリーを消費しないのなら、
「体操の意味がないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが…

実際、体操は
直接的には減量にそれほど貢献していないのです。

ところが、間接的には大きな貢献をしています!

減量と体操の関係について
もう少し踏み込んでみると…

わたくしたちが1日に消費するエネルギーのうちの大半は、
生命維持のために使われています。

睡眠をしている時もエネルギーを消費しますし、
食べる事をするだけでもエネルギーを使います。
もっと言えば、
息をするだけでもカロリーが消費されるのです。

このようにわたくしたちが生きていく上で、
必要となるカロリーのことを「基礎代謝」といいます。

実は1日のうち、
基礎代謝によって消費されるエネルギーは、
全体の6〜7割といわれています。

基礎代謝によるエネルギーの消費量は、個人差があります。

基本的に、筋肉の量が多い人ほど、
基礎代謝の量が多くなるという関係性にあります。

筋肉の量を多くするためには、
体操をする必要があります。

だから、減量をするためには
体操をする必要があるわけなんです。






このページの先頭へ戻る